ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の予防 体重を管理する

体重を管理する


ぎっくり腰には少なからず体重も関係しています。ですから、ぎっくり腰を予防するためには、自分の体重を落とすということが大切になります。もともと痩せ方の人は必要ありませんが、特に肥満気味の方は自分の体重を落とすということを意識することをおすすめします。

腰というのはとても負担がかかる部位です。その大きな負担になっているのが体重ですので、体重を少し軽くすることでも身体にかかる負担や腰にかかる負担を軽減することができますので、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの腰痛が引き起こされる可能性も低くなります。

ちなみに、肥満の方が必ずしもぎっくり腰になるというわけではありません。痩せ方の人でもぎっくり腰になることはありますし、肥満気味の方でもならない人もいます。

現在はさまざまなダイエット方法がありますが、どのダイエットをするにしても結局は強い意思が1番大切になります。体重を軽くして、肥満を解消するということは腰痛予防やぎっくり腰予防に繋がるだけでなく、その他にもいろいろと良いことがあります。

体重が減ると、体は軽くなりますので動きも軽快になります。他には、心肺への負担が軽く なり、動悸・息切れが起きにくくなるなどのメリットもあります。

ただし、闇雲にダイエットをするとリバウンドが起こり、かえって腰に負担をかけてしまう場合もありますので、健康的で自分に合うダイエット方法を試すようにしましょう。



ぎっくり腰の予防


筆耕
筆耕なら書道サービスで!

ドレスレンタルの
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.