ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の予防 姿勢を正す

姿勢を正す


ぎっくり腰になる原因の1つに、姿勢の悪さというのものも関係しています。

腰は日常的にすごい負荷に耐えており、立っているだけでも、全体重の1.2〜1.4倍程度の重さを支えなければいけません。立っているだけでもこれぐらいの負荷がかかっていますので、走ったり、同じ姿勢をとり続けたり、重たいものを持ったりするなどの行動をとると、腰への負荷は、何倍にもなることがあります。

このように普段から結構な負荷がかかっている腰ですが、正しい姿勢の時は常にS字を描いている背骨が、姿勢を悪くすると普段とは異なり、S字がきちんと描かれなくなってしまい、腰に負担がかかるようになります。つまりは、姿勢を悪くすることで、さらに腰に悪影響を与えてしまうのです。

デスクワークをする機会が多い現代では、長時間同じ姿勢での仕事が避けられません。ずっと同じ姿勢をするということも、もちろん腰に良くありませんし、イスに座るという行為も腰にはあまり良くありません。そこに、姿勢の悪さがプラスされると腰への負担はかなりのものとなってしまい、ちょっとしたことでグキッと、ぎっくり腰になってしまうことも度々あるようです。

ですので、もし、ぎっくり腰を予防・防止したいと思うならば、なるべく普段から腰に負担をかけないような姿勢を保つように意識し、デスクワーク時にもなるべく姿勢を正して、腰への負担を減らすようにしましょう。



ぎっくり腰の予防


お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.