ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の予防 散歩をする

散歩をする


ぎっくり腰を予防するには、いろいろな方法がありますが、その中でも簡単に行うことができるものの1つに、散歩があります。ただし、散歩すれば、ぎっくり腰にならなくなるというわけではありませんので、そのあたりだけは覚えておくようにして下さい。

散歩を行う目的は、健康な身体を作ることにあります。整体などで言われている心身を健康にし、人間の本来あるべき自然治癒力を回復させるというような考え方に似ています。直接腰に作用することはありませんが、散歩をすることで体の筋肉のバランスを整え、運動不足も解消することができます。そうすることで、腰椎まわりの強化を可能とし、ぎっくり腰予防としての身体作りを行うことができるのです。これが、ぎっくり腰の予防に繋がっていきます。

散歩に必要なものは、靴、帽子、後はトレーニングウェアぐらいです。家庭にあるものないし、すぐに用意ができるものなので、どなたでもすぐに始めることができます。

ただ散歩をする際は、靴にはこだわるようにしてください。散歩は、走ることに比べると足腰にかかる負担は軽いですが、全く負担がかからないということではないので、ジョギング用と同じくらいしっかりとした、衝撃吸収の仕組みが取り入れられている靴を履いて歩くようにしましょう。靴が悪いとぎっくり腰予防のために散歩をしても意味がなくなってしまいますので、良い靴を選ぶようにして下さい。どの靴でも良いだろうという油断は禁物です。



ぎっくり腰の予防


使用用途について
使用用途

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
大阪市のトランクルーム

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.