ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の予防 水で予防する

水で予防する


水でぎっくり腰を予防するというと、患部にかけて冷やすの?と思うかもしれませんが、そうではありません。

水というのはプールのことです。水中だと重力の影響を地上ほど受けなくなります。そのため腰にかかる負担が、地上に比べて 非常に軽くなるのです。そして前に進もうとすると水の抵抗を受けます。この抵抗は腰痛の治療をする運動には、とても効果的です。

水中ウォーキング、アクアエクセサイズなどと言われているこの方法はぎっくり腰の予防に繋がります。腰痛治療だけでなく、健康づくりの一環としても体に負担が少なく、効果が大きいですので、とても効率的な運動として注目されています。フィットネスクラブに行けば、どの教室にもある運動だと思います。

ぎっくり腰の予防として水中ウォーキングを行うのであれば、まず水になれるようにしましょう。水の中で動くという感覚をつかむことが大切です。水中での負荷は浅い所であればあるほど、体への負担が軽くなりますので膝か腰ぐらいまで水に浸かって、自分の身体に合う水深を探るようにすることが大切です。

身体が慣れてくれば、筋肉が徐々についてきますので、そしたら水深を深くしていくようにしてください。その後はちょうど良い歩幅を意識してゆっくり歩くようにしましょう。地上とは違って水の中ではフワフワした感じで歩くことができます。しかし、水の抵抗があるのでスイスイ歩くことはできません。

最初の頃は戸惑うかもしれませんが、これがぎっくり腰の予防にはとても良いです。水中ウォーキングは腰への負担を軽くしながら、筋肉の強化を図ることが目的ですので、歩きを意識するよりも抵抗をしっかりと受け止める歩き方を心がけるようにして下さいね。



ぎっくり腰の予防


お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.