ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰を和らげる ぎっくり腰の薬はあるの?

ぎっくり腰の薬はあるの?


ぎっくり腰に関する色々な治療法を説明してきました。日常生活における作業姿勢の改善や腰への負担を変えるなど中々時間のかかるものばかりです。もし筋肉痛の薬のようにぎっくり腰がすぐに治る薬があればと思う人も多いかもしれません。実際にはぎっくり腰のために開発された薬はありません。しかし、腰痛や頸部に対して痛みや痺れを緩和する薬は販売されています。その他にも普段から服用することを勧める漢方薬、病院などで即効性のある薬、痛みを和らげる薬、消炎鎮痛剤なども出ています。

ぎっくり腰になった場合、一般的に鎮痛剤などで痛みを緩和させて筋弛緩剤などの薬が処方されることも多い様です。これらを利用する際、即効性のある鎮痛剤など胃を痛めやすいために一緒に胃腸薬も出る場合もあります。そのため、複数の薬を併用する形となるかもしれません。

また医療機関では飲み薬だけでなく、湿布剤などを出してもらうことも出来ます。湿布剤などは市販品を買うより病院で保険対象として購入するほうが低価格で購入出来ます。しかも温感湿布と冷感湿布など種類を迷うこともありません。薬の利用は病院で相談してみましょう。しかし、それらの薬はぎっくり腰を和らげるものであり、根本から治すものではありません。薬を飲みながら家でも出来る体操などを指導してくれる病院も多いので、しっかりと自分で行うことが大切になります。

ぎっくり腰の治療で一番大切なことは薬を飲んだり湿布を貼ることではなく、安静にすることを決して忘れてはいけません。ぎっくり腰は普段の私生活からの体の悲鳴なのです。




品川区 透析
品川区で透析なら五反田ガーデンクリニック!

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.