ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰を和らげる ツボ治療とぎっくり腰の関係

ツボ治療とぎっくり腰の関係


ツボ治療は腰の痛みを緩和することが出来るという話を良く耳にします。ツボ治療と言ってもその種類はとても多く、お灸治療、指圧治療、ハリ治療などが有名です。お灸治療や指圧治療は腰の痛みを緩和する治療としては効果が期待出来るでしょう。ハリ治療はぎっくり腰になってしまった時にその治療が効果的と言われています。

腰痛に関係するツボにもさまざまなツボがありますが、腰痛に効果があるツボが腎愈(じんゆ)というツボです。腎愈は腰の少し下辺り、お腹で言うとおへその辺りにあるツボです。そこを親指でゆっくりと押し、5秒ほど押し続けてゆっくりと力を抜くと少し腰痛が楽になると言われています。

手の甲にある腰腿(ようたい)というツボは急性の腰痛に良いと言われています。これ以外にも腰痛に効くと言われているツボは色々とあります。ツボ治療はもともと東洋医学から発祥したものです。対する西洋医学とは少し違い患部へ患部へ直接刺激を与えるのが特徴的です。したがってぎっくり腰のような症状には、患部へ直接針を指して刺激を与えることより痛みを緩和してくれる可能性が高いのです。また針治療をする場合、そのタイミングが重要です。治療のタイミングによって効果が大きく違ってくるようです。針治療におけるそのタイミングは、患部を冷やし安静にして痛みが引き始めた頃です。その際に針治療を行うことで痛めた部分の早い回復が見込めるかもしれません。



ぎっくり腰を和らげる


アングリッド
アングリッドならチョコアで!

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.