ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の治療 ぎっくり腰の手術について

ぎっくり腰の手術について


ぎっくり腰は安静にして対処しましょう。ぎっくり腰になった時と同じ動作をしないように心掛けていれば再発を防ぐことは出来ます。ぎっくり腰は家庭での治療で良くなる場合がほとんどですが、治療を行っても中々よくならない場合は外科的な手術が必要になる場合もあるのです。

ぎっくり腰の原因にもさまざまなものがありますが、手術が必要な場合の1つに椎間板ヘルニアによるぎっくり腰のケースがあります。この場合は手術が必要になります。この椎間板ヘルニアは腰の辺りの椎骨の間にある椎間板が飛び出してしまって神経に障るために痛みが起きるという症状です。ここに疲労が蓄積するため、ぎっくり腰を引き起こす場合があるのです。椎間板ヘルニアはぎっくり腰の治療のため病院で診察を受けてはじめて分かる人が多い病気です。ぎっくり腰の治療のために病院にいって椎間板ヘルニアと診断される方も少なくありません。

ヘルニアと診断された場合は、牽引をして治療か手術をするか選択する必要があります。簡単な治療なら、リハビリで済みますが、かなりの痛みを伴うケースでは入院して手術をする必要が出てきます。手術を必ずしなければならないというわけではありませんが、椎間板がどのように飛び出しているのか、どこにぶつかっているのかなどの症状の詳細によって手術が必要になってくる場合があるのです。確実に改善するので手術をすることも多いようです。最近では内視鏡による手術やレーザを使っての手術など外科的な手術でも体への負担が少ないものがあります。

ですから、もしあなたが手術を行わなくてはならないぎっくり腰になった場合でもいくつかある方法の中で、体への負担が少ないものはどれなのかしっかりと医師と相談してから方法を決めることが出来るでしょう。



ぎっくり腰の治療


お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.