ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の詳細 ぎっくり腰の対処

ぎっくり腰の対処


ぎっくり腰はそのほとんどが突然なってしまうものです。あまりに唐突なので、どうしたらいいのかとあわててしまいがちです。しかし動いてみて痛いようならば、安静にすることが一番大切です。まずは横になってゆっくりと体を休める姿勢をキープしましょう。スポーツ中にぎっくり腰になってしまった場合、とっさに色々と体を動かしてみたりしてしまいがちです。しかしまずは患部を安静に休めることが一番の対処法なのです。むやみに動かすことだけは止めましょう。

腰椎の周辺で筋肉の炎症が起きていることが多いのがぎっくり腰です。または捻挫の状態です。まずは横になって患部を冷やすことを頭においておくと役立ちます。これは最初の数日に行ってください。そして安静にしている間、炎症を緩和させる意味で患部を冷やします。このように対処して数日休んである程度動けるようになったら病院に行きましょう。

ぎっくり腰は痛い内に治療をした方が良いという考え方の人もいます。しかし激痛を無理して病院に行くことはさらに危険です。安静にして症状をこれ以上悪化させないことを考える方が先決と言えるでしょう。炎症が起きている間は何も出来ない事が少なくなく、その間は治療を開始することが出来ない事が多いのです。動けない程の痛みの時は無理して病院に行くよりも、まずは横になって安静にし、患部を冷やして炎症を取ることを心掛けましょう。

中にはぎっくり腰で間違えた対処法をされている方もいます。傷む箇所を温めると良いと思っている方も多いと思いますが、ぎっくり腰になった時は温めるのは止めるようにしましょう。マッサージをすることも逆効果になります。またお酒を飲むのもあまりよくありませんので、痛みがある間は避けるようにして下さい。



ぎっくり腰の詳細


白衣 購入
白衣の購入なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.