ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰の詳細 痛める箇所

痛める箇所


ぎっくり腰で痛みが出る箇所はその時々で違ってきますが、ぎっくり腰は背筋や筋膜を痛めた時に起こる症状です。これはぎっくり腰すべてに共通して言えることです。このような腰や背中の筋肉は、浅層筋と深層筋に分けることが出来ます。

浅層筋には広背筋や僧帽筋などがあります。もう一方の深層筋には脊柱起立筋などがあります。背筋や筋膜は後者の深層筋に分類することが出来ます。そのため、深層筋がぎっくり腰の原因になると言っても過言ではありません。こうした筋肉が肉離れのような状態になった際にぎっくり腰になるのです。

分類すると年齢的な分類はなく、若くても年老いていてもどちらにせよぎっくり腰の可能性はあります。特徴はスポーツをしている人に多いようです。筋肉の酷使、突発的に限界を超える運動を筋肉に要求してしまうことによって、筋肉や筋膜に痛みが生じてしまうようです。中でもゴルフのスイングなどをした時に起こりやすいと言われています。

筋肉が疲労を起こしている時にぎっくり腰になりやすいため、筋肉を酷使した時には十分な休息を心掛けるようにしすると良いでしょう。また、長時間同じ姿勢をしている方は筋肉が硬直していることが多いですが、その場合は仙腸関節を痛める傾向が強いと言われています。もし、こうした症状で腰の痛みを感じた時は、まずは安静を確保してやることが重要です。

いずれの場合であってもぎっくり腰が生じた瞬間は、とても強い激しい痛みがあると思います。この時、無理に動かさず絶対安静にし、痛みが治まってくるのを待つことが大切です。無理に動かすことは避けなければなりません。その後、正しい方法で治療をすることがぎっくり腰にはもっとも大切だと言われています。いくら安静にしていても痛みが一向に引かない時は病院に行くようにしましょう。



ぎっくり腰の詳細


ハウスクリーニング 岐阜
ハウスクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

スクラブ ナース
スクラブのナースなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ポスティングhttp://www.prograce.net/

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.