ぎっくり腰ガイド TOP → ぎっくり腰について ぎっくり腰のメカニズム

ぎっくり腰のメカニズム


ぎっくり腰が起こるメカニズムですが、これは何かの衝撃や急な動きによって引き起こされると言えます。基本的に筋肉および関節の痛みです。これらの痛みはどのようなメカニズムになっているのでしょうか?

まず最初にぎっくり腰の痛みとして非常に多いのは筋肉の痙攣です。その痛みに伴って周りの組織にも炎症を起こして痛みが広がることがあります。これらの場合は腰の筋肉が一種の張りがある状態になっていて、何かの衝撃により痙攣を起こします。ですから普段から筋肉がリラックスしている健康な状態であれば、多少無理な動きをしてもぎっくり腰を引き起こす可能性は少なくなります。

ヒトの筋肉は多くの筋繊維によって出来ています。これらはゴムの束のようなものが集まったもので、伸び縮みすることで身体を動かしているのです。腰にあるこの筋繊維がリラックスしている状態にあれば問題なく伸び縮みします。しかし逆に張った状態になると、筋肉が固くなって縮まなくなってしまいます。このような緊張状態が続くことによって何かの負担がかかる動作をきっかけに一気に縮まることがあるのです。そのため、急激な変化に周りの筋肉や靭帯などが耐えられなくなってしまい炎症を起こす場合があります。これがぎっくり腰というわけです。

厳密に言うとぎっくり腰の痛みの原因はこのような筋肉の急激な縮みから来るものより、その近くにある靭帯が傷ついたり炎症を起こすことによって生じることのほうが多いとも言われています。どちらにせよ、ぎっくり腰を引き起こすのは筋繊維なので、普段から筋肉の緊張をほぐしておくことが予防に繋がるでしょう。

ぎっくり腰はクセになるとよく言われていますが、これは科学的に証明されていることではありません。ぎっくり腰に一度なるとその後も何度かなる方が多いことから、クセになりやすいと言われるようになったのです。しかし、ぎっくり腰を起こすメカニズムときちんとした対処方法を知っていれば、ぎっくり腰はクセになるものではありません。



ぎっくり腰について


フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

http://sendai.kingindou.com/


ナースシューズ かわいい
可愛いナースシューズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ティアモ カラコン
ティアモのカラコンをお考えの方に朗報です!

お問い合わせ / プライバシーポリシー
Copyright(c) ぎっくり腰ガイド All Rights Reserved.